<< オンバト+感想へようこそ-009 | main | キングオブコント2010決勝進出者予想 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?9
今回も、ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人のピッコロさんからコメントを頂きましたので参加させていただきたいと思いましたので参加したいと思います。

6月終了作品は「薄桜鬼」と「Angel Beats!」と「荒川アンダーザブリッジ」を見ましたので、
今回はこの3作品の評価をします。



【各作品評価】
・薄桜鬼
ストーリー…4点
キャラクター性…5点
画…4点
演出…5点
音楽…4点
総合的な評価…4点
(計26点)

元々少し興味がありましたが、最初は違う番組を見るために見ていた作品でしたので、
最初の頃はストーリーに引き込まれなかったですが、ストーリーが進むにつれ、
作品の世界観に引き込まれました。
それぞれのキャラクターに魅力があり、乙女向けゲーム原作作品としては珍しく(?)
主人公の女性キャラの千鶴が男性にもかなり受けると思うキャラだったですし、
土方から井上さんまで殆どのキャラの魅力が出ていたと思います。
画は綺麗で戦闘シーンから会話のシーンやCGの使い方が良かったと思います。
戦闘シーンの演出が驚くことが多く、声優さんの演技に違和感は見られることがなく、
敵キャラの登場が丁度良く、パターン化や飽きが無い作りになっていると思いました。
音楽についてはオープニングやエンディングも和の雰囲気がしっかり出ていながらも、
OPではカッコよさと親しみやすさ、EDでは心に響く感じと優しさが出ていて良かったです。
男女問わずに歴史物好きなら楽しめる作品だなぁと思いました。



・Angel Beats!
ストーリー…4点
キャラクター性…3点
画…3点
演出…2点
音楽…5点
総合的な評価…4点
(計21点)

毎回、何か自分に問い聞かせられるような作品づくりでしたので、
毎回見た後に色々と考えさせられる事があったので良かったです。
でも、急展開が時々見られたのでちょっと困ることがあったのが勿体無かったです。
それぞれのキャラクターに魅力があるのに、
準レギュラーたちのそれを引き出せなかったような気がしたのがちょっと残念でした。
画は悪くは無いけれど、飛びぬけた良い所が無かったかなぁと思いました。
演出では時々、シリアスなシーンで笑いを取ろうとしているのには個人的にどうかなぁと思いました。
別に悪くは無いのですが、やりすぎている感がちょっとなぁって思いました。
序盤はギャグシーンが面白くないって事がよくあったのもなぁ・・・。
音楽は作品の魅力が引き出せていて、挿入歌もオープニングやエンディングに負けじと
いい仕上がりになっているなぁって思いました。
個人的には凄く楽しめる作品でしたが、短所的な所がちょくちょく見られたので惜しかったです。



・荒川アンダーザブリッジ
ストーリー…4点
キャラクター性…4点
画…3点
演出…5点
音楽…5点
総合的な評価…5点
(計26点)

ストーリーの流れが急にもならずに、ゆっくり過ぎない丁度良いペースで進みますし、
色々と予想できない展開でしたので毎回楽しむことが出来ました。
キャラクターは主要キャラの2人が見た目にインパクトのある他のキャラと比べ、
負けじとキャラクター性を引き出せていたと思いました。
その、他のキャラたちの登場具合が丁度良かったので、
どのキャラも魅力が引き出せていたと思います。
背景からキャラのデザインや自然の動きは普通で、可も無く不可も無くって感じでした。
ギャグの演出はオーソドックスながらも大笑いが出来る事がよくありますし、
じわじわ来る所もよくありますし、ギャグシーンに外れが全く無かったですし、
声優さんのリアクションや演技もアニメらしさが出ていてたですし、
BGMからカメラワークまでどの演出も丁寧でよかったです。
音楽ではオープニングもエンディングも良いですが、
BGMにも魅力があり、その曲が脳内に流れる事があるので、
全体的にクオリティの高さを感じられました。
ギャグから感動まで色々とレベルの高い作品だったなぁと思いました。
2期にも大いに期待しています。



【各ベスト賞】

ベストキャラクター賞…音無結弦 (Angel beats!)

ベストOP賞…ヴィーナスとジーザス (荒川アンダーザブリッジ)

ベストED賞…君ノ記憶 (薄桜鬼)

ベスト声優賞・男性…神谷浩史

ベスト声優賞・女性…花澤香菜


以上の様になりました。
集計の方大変でしょうが、頑張ってください!

最後に、遅れてしまい本当に申し訳ございませんでした。
カテゴリ:アニメ | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 21:46 | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://syotakonsuru3.jugem.jp/trackback/356
トラックバック