<< オンバト+感想へようこそ-024 | main | 唐揚げいっぱいの桶バトン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
今期終了アニメ(12月終了作品)の評価をしてみないかい?11
今回も、ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人のピッコロさんからコメントを頂きましたので参加させていただきたいと思いましたので参加したいと思います。

今期見た作品は、
・薄桜鬼 碧血録
・荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ
・おとめ妖怪ざくろ
・侵略!イカ娘
・神のみぞ知るセカイ
・咎狗の血
の6作品ですので、この6作品を評価します。


【作品評価】
・薄桜鬼 碧血録
ストーリー 5
キャラクター性 5
画 4
演出 5
音楽 5
総合的な評価 5

合計 29点

毎回毎回、主軸となるキャラの魅力が引き立つようなストーリー構成で、
思わず感動するシーンが結構あり、この作品には毎回楽しみにさせていただきました。
泣けるシーンでのあのエンディング曲は個人的に反則と思うほど素晴らしく、歌詞が沁みてきますね。
なので、一つ一つの台詞を聞き逃すわけにはいかないって思いながら集中して終始見ていました。
勿論、オープニング曲も迫力があり終始見逃すわけにはいかないって思いながら見ていました。
それほど全てにおいての演出に惹かれました。
欲を言えば、画が回によって安定しなかった所があったので点数を引かせていただきました。
数回ほど「ん?」って思うような所があったので・・・。
でも、そこまで気にするほどではなかったので4点です。


・荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ
ストーリー 4
キャラクター性 4
画 3
演出 4
音楽 3
総合的な評価 4

合計 22点

今回も2期と変わらず面白くって、終始安定感があり安心して見られましたが、
今期はオープニング曲とエンディング曲があまり印象に残らなかった印象。
前期ではOPとEDはしっかり見ていたその部分も、良いんだけれど引きつけられなかったからか、
他のチャンネル回しながら本編を待つってことが何度もありました。
1期とは違うキャラの魅力が出ていたと思いますし、
目立った新キャラのアマゾネスの印象が最初と最後で変わるのも作り手の良さなのかも。
毎度の事ながら様々な所に馬鹿馬鹿しさがあり、笑える笑えない関係なく安心して楽しめました。
欲を言えばインパクトのある所がもう少しあれば良かったかなぁと思いますね。


・おとめ妖怪ざくろ
ストーリー 5
キャラクター性 5
画 5
演出 5
音楽 5
総合的な評価 5

合計 30点

全てにおいてかなり素晴らしい印象を受けました。
ストーリーの引きとなる部分やオチとなる部分の見せ方が素晴らしく、
毎回安心して見られましたね。落とし方は凄く良かったですね。
バトルと恋愛とファンタジーの融合がいい感じにまとまっていた印象がありました。
キャラクターの魅力のバランスも丁度良くてどのキャラも愛されていそうな印象があり、
違和感とか全然見られないので良かったですね。
画も綺麗で演出も細かく凝っていた印象。
引き方も雰囲気の作り方もすごく練られていた印象がありました。
スポンサー紹介の所にも遊び心あるのは個人的には好印象です。
エンディング曲はちゃんとキャラクターのイメージと合っていて、
3曲とも素敵なのは凄いと思いますね。しかも回数ごとにバランスよく変えていますしね。
勿論オープニング曲も挿入歌も覚えやすく聴きたくなるような曲だったと思いますね。
もし興味があれば是非とも見てもらいたいって思えるような作品でしたね。


・侵略!イカ娘
ストーリー 3
キャラクター性 5
画 4
演出 4
音楽 5
総合的な評価 4

合計 25点

まず、1人1人のキャラにぶれや違和感が無かったですし、
どのキャラも個性的で、印象に残りやすいですね。
コミカルさがしっかりと出ていて、エンディングでも遊び心があり、
どの場面も楽しむ所が多くて良かったと思います。
音楽についてはオープニングとエンディングのバランスが丁度よく印象に残りやすいですね。BGM含め。
正直、ストーリーは個人的にはこれといって印象に残った回は無かった印象があります。
でも、これと言って悪い点はありませんでしたけれどね。


・神のみぞ知るセカイ
ストーリー 2
キャラクター性 3
画 4
演出 3
音楽 4
総合的な評価 3

合計 19点

エルシィとかのん以外の女性キャラの魅力が薄かったのは惜しかったかなぁ・・・。
好みの問題があると思いますが、思い出してみると特に印象が無いってキャラがいましたので。
演出については面白い所は面白いけれど、少々分かりづらかった所もあったかなぁ・・・。
桂馬の格言ももうちょっとあれば良かったかなぁ・・・。後の説明頼りだった覚えもあるので。
個人的にオープニングとエンディングは良かったと思いますね。
親しみやすさがあって、世界観とマッチしていましたので。
話の進みは丁度良いのですが、楽しみやすさが回によってかなり斑がある印象がありました。
時々「どういうことなの・・・?」って思うようなところがあったのは少し残念。


・咎狗の血
ストーリー 1
キャラクター性 1
画 0
演出 1
音楽 3
総合的な評価 0

合計 6点

オープニングは評価出来ますし、エンディングの取り入れ方は良かったのですが、
エンディング曲があまり印象に残らなかった印象。
音楽は悪くはないのですが、音楽以外の他の部分が言葉にできません・・・。
終盤になるにつれ、訳が分からなくなるストーリー、
何故その向きなのかってのが理解できないカメラワーク、
崩れまくっているし、高低差が全然なっていない画等等・・・。
明らかに原作未プレイ者には不親切で興味が沸かせるような感じが見られませんでした。
正直、ネタとして見ない限りは結構きついアニメかもしれません・・・。
最終回ではもう投げやりっぷりが見られましたし・・・。
最後の赤青のやつは未だに何故そういう演出なのかも理解できないですし・・・。
申し訳ないですが、音楽は評価できたとしても、アニメとしては評価できそうにないです・・・。



【各ベスト賞】
ベストキャラクター賞・・・雪村千鶴(薄桜鬼 碧血録)

ベストOP賞・・・MOON SIGNAL(おとめ妖怪ざくろ)

ベストED賞・・・茜空に願ふ(薄桜鬼 碧血録)

ベスト声優賞・男性・・・杉田智和

ベスト声優賞・女性・・・中原麻衣


以上の様になりました。
カテゴリ:アニメ | 14:45 | comments(0) | trackbacks(1) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 14:45 | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://syotakonsuru3.jugem.jp/trackback/516
トラックバック
今期(12月終了)アニメ評価in星屑の流星群
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人というところのブログで 12月終了アニメの評価募集があったので 僕もその企画に参加したいと思い記事を書きました。 まあ深夜枠アニメはあまり好みがなく 今期終了アニメの朝アニメで知っているのはアニメイテッドだけで
| 星屑の流星群 | 2011/02/20 10:02 PM |