<< 日常17話感想「日常の第十七話」 | main | うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000% 4話感想 「界の果てまでBelieve Heart」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
こういったネタを書いてふと思った事

プリマの感想は明日に。


私立朱雀学園放送委員会/漫才/リョウリガ・ヘタジーニ

鈴竹:どうも。私立朱雀学園放送委員会ですよろしくお願いします。
桐生:よく漫画やアニメで料理が下手で、殺傷能力があるような食べ物を作るなキャラがいるけれど、
    そういうキャラを見て思った事があるんだ。
鈴竹:一体どんな事ですか?
桐生:あのようなキャラって、材料買うとき何を考えて買っているのだろうね。
鈴竹:料理が凶器と化するものね。
桐生:ああいったキャラって、ちゃんと後の事考えているのかね?
鈴竹:まあ、食べてもらったらニコニコ喜んでいるだけってのが多いものね。
桐生:それ以前に、料理って何だか分かっているのかね?
鈴竹:言いすぎだよ!やめてあげてよぉっ!
桐生:確かに言い過ぎたかもしれないけれど、おかしいと思わないか?
鈴竹:確かにおかしいけれどね。
桐生:だから私がスーパーで買い物に来た料理を凶器にするキャラを演じるから、
    鈴竹さんはスーパーの店員さんをやってくれ。
鈴竹:了解です。
桐生:で、その際、変だなあと思った点があったら指摘してくれ。
鈴竹:了解です。

桐生:ウィーン
鈴竹:いらっしゃいませー。
桐生:すいません、カレー粉といちごジャムと青酸カリってどこにありますか?
鈴竹:その3つに共通点が感じられないのですが・・・。
桐生:そうだっ!料理が下手なキャラは、材料のチョイスが適当!
鈴竹:まあ、そこは分かりやすいと思いますがね。
桐生:しかも、材料の中に一つは必ずありえないものが入っている。
鈴竹:今までの流れでいう、青酸カリみたいな所ですよね。
桐生:ああ、そういう所だ。次からはレベルが上がっていくぞ。
鈴竹:はいっ!
桐生:



・・・このネタを途中まで書いたのですが、
間延びしているし、見せ方もあまり良くないし、何より笑いになっていない。
文章の構成の方法も大事かもしれないな・・・。

でも、分かりやすくもしたいから説明的な部分を加えようって考えすぎるとテンポが悪くなるし・・・。
うむぅ〜・・・。複雑なものじゃのう・・・。





漫才アワード決勝進出者予想でも。
まあ、関東出身の僕は漫才アワードを見れないのですが。

スーマラ、span、藤マ、プリ金、マヂラブ、プリマ、尼神、ソーセ

カテゴリ:ネットお笑い | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 21:39 | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://syotakonsuru3.jugem.jp/trackback/678
トラックバック