<< 日記ってどう書くんだっけ・・・ | main | 日常21話感想「日常の第二十一話」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
笑いがないっ

私立朱雀学園放送委員会誰得トーク企画

桐生:どうもこんにちは。私立朱雀学園放送委員会の桐生です。
鈴竹:鈴竹です。
桐生:今回は、「私立朱雀学園放送委員会誰得トーク企画」と題しまして、
    自由気ままにアニメや漫画などに関する話でもしようかなあと思います。
鈴竹:ここ最近、うたプリが流行っているそうですね。
桐生:七色のコンパスといい、マジLOVE1000%といい、色々と衝撃でしたものね。
鈴竹:登場人物の聖川真斗に、ダム様といったあだ名がつきましたものね。
桐生:「心のダム」のフレーズが、あそこまで発展すると、誰が思ったのでしょうか!
鈴竹:「春に」の作詞の谷川さんも驚きでしょうね。
桐生:「春に」で思い出しましたが、日常のエンディングが合唱曲になりましたね。
鈴竹:「春に」は登場していないですが、懐かしく感じる曲が多いですよね。
桐生:後半になってから日常は、囲碁サッカー部が面白くなってきたと思いますね。
鈴竹:囲碁サッカー部って、何か動きがありましたっけ?
桐生:桜井先生の弟、マコちゃんこと、桜井誠が登場したじゃないですか!
鈴竹:確かに出ましたね。高崎先生が振り回されるようになったのもあるのでしょうね。
桐生:そう!高崎先生とマコちゃんの2人の絡みがたまらないの!
鈴竹:・・・いきなり興奮してきたように見えますが、どうしたのですか?
桐生:桜井先生が好きであるが故に、誠に彼氏がいるかを聞いてしまう高崎先生に、
    囲碁サッカー部の顧問になるよう誘ってくるマコちゃん!この2人…、いいカップルに…。
鈴竹:桜井先生が好きなはずなのに、彼氏がいるか聞くわけ無いはずだと思いますが・・・。
桐生:アニメでは、高崎先生は彼氏って言っていたの!何故かは知らないけれど。
鈴竹:あ〜・・・。だから貴女の様な腐が寄ってくるワケか・・・。
桐生:全部の腐女子や腐男子が寄ってくるワケじゃないでしょ。
鈴竹:そりゃそうですけれど、いいカップルにってどういう事ですか・・・。
桐生:ヘタレで振り回される囲碁サッカー部OBの教師の高崎先生と、
    地味に鬼畜で囲碁サッカーの才能があるマコちゃん。
    この組み合わせが、美味しくないわけがないっ!
鈴竹:なら僕は、ゆっこと麻衣ちゃんの百合っぷるを押しますね。
桐生:BLと百合を対抗させたら危険よ!便器洗剤のまぜるな危険と同じくらい危険な事よ!
鈴竹:・・・その例えが全く理解できないのですが・・・。
桐生:要するに、毒々しい何かが出るって事なのよっ。
鈴竹:そういった物が出るとは思わないのですが・・・。
桐生:あ、毒々しい何かで思い出したけれど、うたプリのなっちゃんって素敵よね。
鈴竹:僕としては音也が好きかな。純粋な感じがするし。
桐生:音也は俗に言う、わんこ系男子ね。
鈴竹:わんこ・・・系・・・?
桐生:わんこ系男子って言うのはね、好きな人に対してわんこの様に接してくる男子の事を言うの。
鈴竹:なるほど。
桐生:そういったわんこ系男子は子供っぽい感じのキャラが多いから、
    大人びた発言をしたり、大胆な行動に出た時にギャップを感じて、萌えになる事が多いの。
鈴竹:でも音也って、そこまでわんこって感じのキャラでは無いですよね・・・?
桐生:アニメじゃ目立つ回数が少ないからそう感じるだけかも。
鈴竹:なるほど・・・。今後の展開に注目ですね。
桐生:でも、展開的にトキヤがメインになりそうな予感も・・・。
鈴竹:乙女ゲー原作のアニメって告白シーンが無いやつもあったりするからどうなるか分からないかと。
桐生:私、アニメにハマったの去年からだからわからなーい。
鈴竹:こりゃ参ったね。
桐生:そういや、アニメのシーンに関する話したのって少しだけだよね・・・?
鈴竹:確か日常の高崎先生と誠のアレのところのみだったような・・・。
桐生:ええええええええええ。
鈴竹:ええって言われても。
桐生:ええええええええええ。
鈴竹:もしかして、日常の安中さんの真似だったりする?
桐生:いや、高崎先生。
鈴竹:ええええええええええ。どちらにしろ、変わらないと思うのですが・・・。
桐生:私、高崎先生の方が好きだから。
鈴竹:ええええええええええ。
桐生:・・・こらっ。このトークは見せ物じゃないよ!
鈴竹:ええええええええええ。

かんみのだの影響でやってみたくなったのさっ・・・。




今日の深夜に放送されるTHE MANZAIの特番楽しみじゃあ。

カテゴリ:アニメ | 20:03 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 20:03 | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://syotakonsuru3.jugem.jp/trackback/699
トラックバック