スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
とある無援護の慰める会
疲れた。寝る。…前にブログの更新。
やる事沢山あるのに眠い…。

ミラクル☆トレイン熱が今でも冷めてないぜ。
最近見なくなってしまいましたが、久々に録画したやつを見たいなぁ。

薄桜鬼の最終回、ムチャクチャ悲しすぎる…。
井上さんに惚れた。
アッチ的な意味でとらえた人は少し人に優しくなりましょう。
やっぱり2期があったかぁ。
だから終わるのが早かったのかなぁ。

7月から放送のアニメでは、黒執事の2期に期待しております。
なのに、録画したやつは1クール分しか見ていない。orz
ありえないDEATH☆

とりあえず、荒川とエンビーがもう最終回を迎えていると知ると、何だか寂しいなぁ…。
話題作って結構凄いなぁとつくづく思っています。

















base、もう1軍入れ替えシーズンになるのかぁ。

baseとは関係ないですが、あれきさんだーおりょうって芸人活動を停止していたんだ…。
現在は芸人さんの作家として活動しているそうです。
ショーバトでよろこんで佐藤のパフォーマンス前の紹介で何だか予感はしたけれど…。何だか悲しいなぁ。
カテゴリ:アニメ | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) | -
意外すぎてビックリ
某アニメ雑誌を見ての事。

戦国BASARA弐が7月11日からTBSで日曜夕方5時に放送されるそうですね。
夜中起きていない中学生ファンからすれば嬉しい事でしょう。

それを知ったときにわたくし自身が思ったことが2つ。

その1
夕方5時!?

その2
ストーリーはどうなるのだろう…。
もし、中途半端なことがあったら初視聴の人たちに不親切になると思うから気になるなぁ…。
まあ、大丈夫だと思いますがね。



1期は見たこと無いですが、ちょいと気になっています。
















某アニメのひーもひもひもひーもひもー♪にハマってしまった。
カテゴリ:アニメ | 15:29 | comments(0) | trackbacks(0) | -
今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?8
今回も、ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人のピッコロさんからコメントを頂きましたので参加させていただきたいと思いましたので参加したいと思います。

3月終了作品は、「バカとテストと召喚獣」と、「はなまる幼稚園」の2つを見ました。
なので、今回はこの2つのみの評価となります。



【各作品評価】
・バカとテストと召喚獣

ストーリー…2点
キャラクター性…5点
画…4点
演出…4点
音楽…3点
総合的な評価…4点
(計21点)

ストーリー…学園系アニメとしては少し目新しい部分も多少ありましたが、
後半になるにつれ、「う〜ん…」と思うような展開になってしまったかなぁと思います。
「ありゃぁ〜…?」とか、「もっと予想外な展開があればなぁ。」って思いました。

キャラクター性…主人公やヒロインよりも、準レギュラーや脇役の印象が大きかったですが、
それが逆に吉と出ていたなぁ。って思いました。

画…ギャグの時やお色気シーンの時の画は、そのシーンの事を考えられてしっかりしていたと思います。
でも、場合によってはやりすぎたり、もっと強くしても良かったのではないかと思ったりします。

演出…ギャグシーンとストーリーの演出は個人的に満点なのですが、その他の点がやりすぎだったかなぁと思いました。
個人的に、最終話のエンディングの演出は凄く良かったと思います。

音楽…オープニング、エンディングは印象に残りますし、音楽が作品を壊す事はなかったのですが、本編中に流れる曲の印象が薄かったような気がしました。

総合的な評価…学園アニメとしては目新しいし、コミカルなシーンは凄くこっていたと思いました。
オタクや腐の方にはもの凄く楽しめるのではないかと思いました。
けれど、少し「う〜ん…」と思ってしまうような所が出てしまっている感じがしました。
でも、その様な所は人によって良いと感じる人は出るとは思いますがね。
個人的にはストーリーが「原作>アニメ」って感じでしたので「原作=アニメ」以上になるように2期に期待します。



・はなまる幼稚園

ストーリー…4点
キャラクター性…5点
画…3.5点
演出…3点
音楽…4点
総合的な評価…4点
(計23.5点)

ストーリー…キャラは実際ありえなさそうな感じなのですが、
ストーリーが実際ありそうな雰囲気が見られていたのでそのギャップが良かった思いますね。
でも、印象に残りにくいのは仕方ないですが、もうちょっと印象深いと良かったかなぁと。

キャラクター性…どのキャラもいきいきとしていた感じがしました。
個人的には悪かったって印象が全然無かったのでこの点数で。

画…「可は少しあって不可は無い」って印象でしたね。
様々なシーンの画の場面をしっかり考えられていましたが、「普通だなぁ」って感じがしました。

演出…悪い所は見られませんでしたが、変わってると思えるところがあまりなかったかなぁ。と思いました。
別にそこが悪いというわけではないのですが、「もう少し何かあればなぁ」と思いました。

音楽…作品を壊すようなBGMは全く無く、エンディングは当たりまみれだったので良かったです。
でも、印象深かったって思える曲があまりなかったかなぁと。
個人的には1話のエンディングが好きですね。

総合的な評価…個人的には崩れる事が全然無かったので良かったです。
全く悪い所はないので、誰でも安心してみられるのではないかと思いました。
園児の可愛さに癒されたり、ストーリーのほのぼのさに癒されたりと、
いつでも見たくなるような作品だなぁと思いました。なので2期があればいいなぁと思いました。
余談ですが、この作品を見ていると自分自身が幼い頃、どうだったかとかを考えてみてしまう事がありました。


【各ベスト賞】

ベストキャラクター賞…木下秀吉 (バカとテストと召喚獣)

ベストOP賞…青空トライアングル (はなまる幼稚園)

ベストED賞…バカ・ゴー・ホーム (バカとテストと召喚獣)

ベスト声優賞・男性…日野聡

ベスト声優賞・女性…加藤英美里


以上の様になりました。

最後に、遅れてしまい本当に申し訳ございませんでした。
カテゴリ:アニメ | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | -
日テレ…
およそ3週間前と昨日思ったことですが…。

WORKING!!が何故日本テレビで放送されないんだよ…。
どういう作品なのか興味があったのにぃ…。
荒川アンダーザブリッジの本編の間CMを見ていたら興味が沸いてきちゃったよ…。
「なら原作を買え。」って思った方々、全員正解です。

アニメ化した作品ですし、面白いのでしょうね。

読売テレビで放送されるというのに何故関東だと東京MXなのだろう…。
大人の事情だというのは分かっていますが、
07-GHOST放送時はチバテレビ&テレ玉&tvkだったのになぁ…。
電波の届く範囲に入ってないよー。


BS放送局はNHK以外はテレビショッピング(金がかからないのかが知りたいなぁ)が多いから、
BSテレビ局の何処かで放送してもらいたいところですね。

期待していますよ。BSの放送局。


話は変わりますが、荒川アンダーザブリッジ、もの凄く面白いです。
長文を書くときに参考にしたい所が多いですね。
中村光先生、凄すぎる…。
聖☆お兄さんは人気あるし、荒川アンダーザブリッジはアニメ化されているし、
本当に凄いなぁ…。
あのシュールさは思わず驚きも感じるほどの面白さです。
一部の今春放送アニメの中で今の所1番の面白さです。

原作の漫画、もの凄く欲しくなりました。



















裏切りは僕の名前を知っているの桜井夕月(祇王夕月)の名前を見てから、
何故かお笑いコンビ、祇園の櫻井さんを思い出すようになりました。

…何故だ…?

祇園のお2人には今期のオンバ○に出て、活躍してもらいたいですね。
もっとネタを見てみたい。

(裏僕、祇園とは関係性が全く持って無いですが18:50に追記)
テレ朝のニュースを見ていたらミラクル☆トレインで使われていたBGMが流れていた!!
…この様に、アニメやゲームのBGMが流れる時にふと気がつくときってありますよね。
そういえばテレビ局が何所だか分かりませんが、バカテスのBGMが流れていたなぁ。
カテゴリ:アニメ | 18:22 | comments(4) | trackbacks(0) | -
今期終了アニメ(12月終了作品)の評価をしてみないかい?7
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人のピッコロさんからコメントを頂きましたので参加させていただきたいと思いましたので参加したいと思います。

今回ボクは、ミラクル☆トレイン〜大江戸線へようこそ〜と、秘密結社鷹の爪カウントダウンの2つを評価します。
今クールは2つしか見てませんでした。スイマセン…。


ミラクル☆トレイン〜大江戸線へようこそ〜

ストーリー…5点
キャラクター性…5点
画…4点
演出…4点
音楽…4点
総合的な評価…5点

合計点27


ストーリー…面白く進んでいましたし、矛盾点が最終回で全て解消されたので良かったです。
        道徳的な話があったので、その点は結構良かったと思います。
        けれど、最終回は結構難しい部分があったかなぁ…。でも、見慣れると結構良いと思います。

キャラクター性…メインキャラだけではなく、サブキャラなどの性格が面白くてよかったです。
           声の点では、どのキャラも見た目、性格ともの凄く合っていたので良かったです。
           全体的に良かったと思います。

画…キャラクターのリアクション、動きなどが安定していたので良かったです。
   個人的に、電車が水面上を走るシーンについては、あれはあれで素晴らしいと思います。
   時々六本木がちょびっと崩壊した様に見えたことがあったかなぁ…。

演出…ギャグシーン、シリアスなシーン、暗いシーンなど、そこの演出や演技は良かったですね。
    音楽も雰囲気に合ったものをチョイスしていますし。
    構図は良くも悪くも普通ですし、ストーリーの使いまわしについては少しテンポが悪かった気がします。

音楽…BGMはレベルが高いものばかりですし、個人的に気に入ったものが多いです。
    OPは良くも悪くも普通の曲って感じがしました。
    けれど、EDは駅たちの乗客エールを贈っているような感じがしたので凄くよかったです。

総合的な評価…個人的に、4話や9話や11話などと、道徳的な話が多いと思いましたので、
          見終わった後に様々な事を考えさせられると思います。
          キャラクターも1人は好きになるキャラが出るはずですし、
          サブキャラクターにも魅力があるので結構良いと思います。
          ギャグシーンは大笑いできる部分が多いですし、
          笑えるだけではなく、泣けるシーンも11話にあるので様々な見方が出来ると思います。
          場の雰囲気に合ったBGMをしっかりと製作されているので、変な感じには全くなりませんでした。
          女性向けですが、男性にも見てもらいたい回がありましたので、
          全ての人に見てもらいたいと思いました。
          個人的には大満足の作品でした。
 


秘密結社鷹の爪カウントダウン

ストーリー…4点
キャラクター性…5点
画…5点
演出…5点
音楽…4点
総合的な評価…5点

合計点28


ストーリー…様々なキャラクターのアホな行動や言動、アニメの裏側について語ってしまう所など、
        今までのアニメには無かった部分があったので凄く面白かったです。
        けれど時事ネタはマジな時は素晴らしいのですが、ギャグとなると微妙だった気が。

キャラクター性…コフィーも鷹の爪も、両方とも生き生きしているし全てにおいて面白い。
          声については、フロッグマンさんがあそこまで頑張っているのに、
          全てのキャラのイメージに合っているというのは凄いです!
          他のキャラのイメージも合っていたのでも良かったと思います。

画…あの作品ならではの良い意味での崩壊、コミカルな動きは良かったと思います。
   個人的に最終回のCG使用の部分も良かったと思います。

演出…シリアスな展開でもギャグを入れたり、良いグダグダ感が出ていたりと、ギャグについては凄くレベルが高いですし、
    演技もアホな感じが出ているので良かったです。

音楽…OP、BGMは良くも悪くも普通な感じがしましたが、
    EDは口ずさみたくなりますし、かなり良いとおもいました。
    OPは良くも悪くも普通と言いましたが、個人的には好きな曲です。

総合的な評価…誰もが思わず大笑いすると思う作品だと思いました。
          時事ネタからキャラクターいじりまで、さまざまなギャグがあるので、
          1人1人が好きなギャグシーンがあるはずだと思います。
          キャラクターも面白いキャラが多いので、
          思わず好きになってしまうキャラが出てくるのではないかと思います。
          フラッシュアニメだという事もあるので、画については全く気になりません。
          音楽は良くも悪くも普通な感じがしますが、EDは誰もがはまるのではないかと思います。
          個人的には大満足の作品です。














各ベスト賞

ベストキャラクター賞…六本木史(ミラクル☆トレイン)
選考基準…主人公としては珍しい、影が薄い扱いを受けるキャラ。
       けれど、何度も感動させてくれる素晴らしいキャラだと思います。

ベストOP賞…montage(ミラクル☆トレイン)
選考基準…テンポも良く、リズム感があるので聴いている時の心地よさが良かったと思います。

ベストED賞…我等!鷹の爪団(秘密結社鷹の爪カウントダウン)
選考基準…何よりも、『た〜か〜の〜つ〜め〜』と、ラップ調の曲が良かったです。

ベスト声優賞・男性…FROGMAN(秘密結社鷹の爪カウントダウン男性キャラ殆ど)
選考基準…一人で十何役もやっているので、凄いと思いました。

ベスト声優賞・女性…相沢舞(秘密結社鷹の爪カウントダウンコフィー役)
選考基準…前期はコフィーを演じていなかったのにもかかわらず、頑張っていたと思います。


これにて以上です。
このような形となりました。
次回ももしありましたら、参加させていただきたいと思いますのでよろしくお願い致します。
カテゴリ:アニメ | 12:01 | comments(2) | trackbacks(0) | -
鷹の爪は今、現代を生きている大人たち向けのアニメだと思う

DVDに録画してある鷹の爪の最終回を今更ですが見ましたー。
フィリップさん、凄い良い人なんだなぁ…。と思いました。

この作品はとてつもなく笑えるだけではなく、
今現在の有名な社会問題やあまり知られていない社会問題についても触れられているので、
その様な事についても考えさせられる作品だと思いました。


誰もが幸せに生きられる世界を作る為に世界を統一し国境を取り払うべく世界征服を企む総統は、
ものすごくヘタレでマヌケというギャップもあったり、
総統よりもフィリップの方がしっかりとした考えを持っていたり、
変なものや、安っぽいもので様々な機械を作るレオナルド博士がいたりなど、

キャラの特徴などが凄く凝ってあります。

あそこまで有りそうでなかったキャラクターの設定があったなんて…。
もの凄く凄いと思います。

しかも、登場するキャラクターの中には、
有名人のパロディキャラなどもいるので、そこも面白いです。


個人的に、この作品はギャグアニメに革命を起こしたと思う作品だと思いますので、凄くオススメです。
なので、DVDを買ってみるのはいかかでしょう。
もしくは、近くのDVDショップでレンタルしているのを見たら、一度レンタルしてみてはどうでしょう。


何だか宣伝っぽくなってしまいスイマセン。
それほど面白かった作品ですので…。































年末年始は曜日が分からなくなるから恐い。
テレビの影響なのかなぁ…。

カテゴリ:アニメ | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) | -
わっしょい!アニメディア

12月号のアニメディア内での『今月の名場面』という企画で07-GHOSTの最終話が1位を獲得!

おめでとうございます!

あそこまで夢中になったアニメは自分の中で初めてでしたのでかなり嬉しかったです。





























AGEAGELIVEのCageの所、ノンスモーキンとかたつむり林さんが収録被っていなくて良かった〜。

けれど、かたつむり林さんが収録するときの他のCageメンバーがチョコレートプラネットとエハラマサヒロさん…。

2人ともかなり実績があるのでメダルを獲得できるか不安…。

けれど、頑張ってもらいたいです!

2組ともメダル2つ、今月の出場回数が後1回なので負けないでもらいたい!

3ヶ月も見られないなんてかなりきついですよぉ…。

畑中しんじろうさんが3ヶ月も見られないなんて…。

後、ものいいも後の2回頑張れッ!































わひょー。

カテゴリ:アニメ | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) | -
中1の頃の思い出のアニメ

中1の頃(2007年)、その頃は爆笑オンエアバトルが金曜日に放送されていた。
その時は、夜更かしをしてよくオンエアバトルを見ていた。
その5、6月くらいの頃、夜更かしをしようとしたつもりが、 寝てしまい深夜2時くらいに起きてしまいオンバトを見逃したときがあった。
その時、仕方なくテレビをつけると、TBSでアニメがやっていた。
その時は、DARKER THAN BLACKが放送されていた。
ファンの方々には申し訳ないが、その時は、展開について来れず、興味が持てなかった。
その次の番組は、ロミオ×ジュリエットだった。
タイトルを見て、『ロミオ×ジュリエットがアニメ化?どういう事?』と、最初は疑問に感じていた。
けれど、アニメを見ていると、何だか心に響いた。
2人は、愛し合っていた。
キャピュレット家とモンタギュー家は敵対していたのにもかかわらず愛し合っていた。
その時、何だか悲しい気持ちにもなったが、凄い感動した。
生まれて初めて、アニメを見て心の底から感動した。
その頃は夜更かしが苦手だったことが影響か、見たり見なかったりの繰り返しだった。

そして最終回翌日、
その頃ボクは、日曜日から続いていた熱が止まらなかった事が影響か、家で寝たきりだった。
寝たり起きたりの連続だったから、運良く2時に起きたものも、祖母がTVを見ることを許してくれなかった。

そして、1年後、動画サイトで最終回を見ることになってしまった…。

正直な話、体調管理の出来なかった自分が嫌だった。
変な方法で最終回を見た自分の愚かさが嫌だった。
けれど、その最終回は感動した。
でも、この事が無かったら、感動できるアニメを好きでいなかったかもしれない。
そう考えると、その出来事は、いい思い出なのかもしれないと、ボクは思った。





































書き方が中二病剥き出しなのは申し訳がないと思っております。

カテゴリ:アニメ | 13:09 | comments(0) | trackbacks(0) | -
今週に収録されるオンバトは、ちゃんと実力派は出てくれるのか…。
昨日、かなり忙しすぎてブログ書いていなかったなぁ…。
まあ、それはさておき、今年10月から開始されるアニメでボクが期待している作品を紹介します。
『仕方ないね2』にて、旅人さんがボクの事を『腐男子』と言っていたこともあり、何かと女性向け作品が多いかもしれません。



ミラクル☆トレイン

・URL

リンクフリーでした。
http://www.miracle-train.tv/

・どんな作品?

鉄道駅をイメージした男性擬人化作品。登場人物一人一人のキャラクターにはそれぞれの駅のエピソードが反映されているので、それぞれの駅に因んだ知識を知ることが出来るそうです。

・思ったこと

そんな作品だそうですが、一言言うならば、アニメ版も小説版も見た目年齢と実際の年齢が全くもって違うと思うwww 
まあ、プロフィールにおける生年月日、住所は当該駅のものと同一だから仕方ないですね。




























以上です。

『…1つだけ?』と思った方は多いはずです。
けれどそう思った方へ、これだけは言わせてください。

ボクもそう思いました。

以上です。



































わぁ。ボクの書くブログって中身が全然無ーい。

カテゴリ:アニメ | 16:18 | comments(2) | trackbacks(0) | -
<< | 2/2PAGES |